中南米のモバイルバンキングアプリの現状:What's App, Doc?

by ルイス・チパナ, January 9, 2017
Industry Trends
Latin America

要約

KEY RESEARCH QUESTIONS 
1中南米ではどのようなモバイルバンキングアプリが選好され、どのようなトレンドが見られるか?

2

中南米の顧客向けモバイルバンキングアプリはどのような機能を提供しているか?
3

全体として、中南米のこれらのアプリの機能はどの程度の水準か?

世界的に銀行のデジタル化が一段と進むなか、中南米でもほぼ全ての銀行がモバイルアプリを導入しています。今や金融機関によるアプリの導入は世界的な流れとなっていますが、その機能には国や銀行によって違いがみられます。

本レポートでは、中南米10ヵ国に拠点を置く銀行50行の158に及ぶアプリについて分析し、それらの主な特性とトレンドを明らかにしています。

中南米の銀行の90%はモバイルアプリを提供しています。市場シェアはアンドロイドが36%とアップルのiOSが35%と拮抗しており、ブラックベリーの18%とウィンドウズの11%が続きます。同地域の銀行のうち66%は、少なくとも3つのプラットフォームで顧客向けアプリを提供しています。

同地域で普及しているアプリは残高照会、支払い、店舗案内サービス、サポートといった機能を提供していますが、アプリを通じた融資や口座開設申請手続きを行っている銀行はほとんどありません。

「銀行にとって、スマートフォンはデジタル戦略の重要な要素となっています。スマートフォンでのアプリ利用が広がれば、銀行は低コストチャネルを通じたサービスを拡大することができます。コールセンターや支店といった既存チャネルは最終的にこうした低コストチャネルに移行するとみられ、そうなれば取引の大部分はセルフサービス機能で執行されることになります」と銀行プラクティスのアナリスト、ルイス・チパナは述べています。
 



セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

目次

Executive Summary

1

 

Key Research Questions

1

Introduction

2

 

Key Research Questions

2

 

Methodology

2

Preference and Trends in Mobile Banking Apps

4

 

Preference on Platforms

4

 

Trends

6

Characteristics of the Mobile Banking Apps

7

The Latin American App Market

10

 

Local Markets

11

Conclusion

22

Leveraging Celent’s Expertise

23

 

Support for Financial Institutions

23

 

Support for Vendors

23

Related Celent Research

24

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください