日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言【日本語】

by 柳川 英一郎, June 17, 2016
Industry Trends
アジア

要約


このシリーズでは、日本の金融業界における、レガシー・モダナイゼーションの現状と今後の方向性を考察します。分析の対象を銀行セグメントに絞り、パート1では、銀行業界の現代化の現状を把握し、続くパート2では、そこでの対処策と銀行業界への提言を述べます。

KEY RESEARCH QUESTIONS 
1日本の銀行業界における、レガシーシステムの現代化はどの段階にあるか?

2

銀行にとって、現代化とは何か?それは何故か?  
3

銀行は、どのようにして現代化を進めるべきか?

長らく日本の銀行業界は、インテグラルモデル(垂直統合モデル)を追求してきました。新卒の採用に始まり、社内教育と人事ローテーションにより、生え抜き社員が経営幹部をつとめ、組織は、本部、本店、支店、事務センター、コンピューターセンターに加え、金融サービス、銀行サービスの関連子会社を多数抱え、巨大なファイナンシャルグループを形成しました。一方で、人事や組織の変更を待たずして、商品サービスの流れは垂直統合の限界を超え、モジュラーモデル(水平・垂直分業)への転換点を迎えつつあります。低金利の金融環境は、銀行を投資信託、保険、信託、不動産など、多種多様な品揃えを競う金融商品販売会社に変貌させつつあります。信頼性の高いアグリゲーターとして、金融サービス全般でのアドバイザリーサービスが期待され、既に、金融商品サービスの製造と販売は分化しつつあります。



「ポイントは、従来不可分であった顧客接点、サービスプロセス、インフラ接続の3モジュールを単に分化するだけでなく、それぞれ単独で「収益化」するところにあります。そして、3モジュール間の相互依存性を下げることで、金融サービス、銀行サービスの国や地域への依存性を下げ、アドバイザリーと金融商品サービスのグローバル展開の可能性を加速します。また、国や地域に依存する金融インフラへの接続は、グローバルに展開するインフラ事業者にとって、新たなサービスアリーナとなるでしょう」と、アジア金融サービスプラクティスのシニア・アナリストでレポートを執筆した柳川英一郎は述べています。

本レポートは、46p、29図で構成されています。

セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

目次

エグゼクティブサマリー  1
         Key Research Questions  1
         定義   1
銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション2
         レガシーの現代化とは
3
何故、現代化に取り組むのか?4
銀行において、デジタルとは何を意味するか?4
         デジタルとは? 
8
         バンキングにおけるデジタルのフレームワーク
10
現代化の方法論:5つのアプローチ   
20
         新テクノロジー、外部的な視点の必要性   
20
セレントの提唱     22
         デジタル金融サービスとレガシー・モダナイゼーション   
22
         テクノロジー・ソーシングモデルの多様化   
23
         レガシー・モダナイゼーションのフレームワーク  
24
         レガシーの再生産をしないモダナイゼーション26
日本の銀行業界への提言   
30
        新たなバンキングモデルを求めて
30
        理想的なアーキテクチャとは34
        モダンな基幹システムへ39
デジタルな銀行業界41
       産業構造のモジュラー化   41
       銀行業界の未来図   42
セレントのコンサルティングサービス    44
         コンサルティングサービス   44
         リサーチの視点  44
セレントによる関連レポート   45

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください