セレントモデルバンク2017:不正行為防止と収益拡大を同時に実現:IndusInd Bank

Case Studies
Global

要約


セレントモデルバンクアワード:不正行為防止とサイバーセキュリティ部門受賞:
不正行為防止と収益拡大を同時に実現:IndusInd Bank


IndusInd Bankは2017年セレントモデルバンクアワードの「不正行為防止とサイバーセキュリティー」部門を受賞しました。同行は、組織全体にチャネルの枠を超えたリアルタイムの不正行為およびマネーロンダリング防止プラットフォームを導入し、さらにインメモリデータを再利用して、同時にリアルタイムでクロスセルとアップセルを実施する取り組みを始めました。

IndusInd Bankのこのプロジェクトは、不正行為防止とクロスセルという「陰と陽」を同時に実現した実例と言えます。

現在のように世界中がつながっている環境では、商品やチャネル別のシステムを通じて不正行為を防止するのはもはや有効ではありません。全社規模の不正行為防止システムを構築し、以下の全てを対象にリアルタイムで運用する必要があります。

  • 商品:カード、当座勘定、融資など
  • チャネル:ATM、POS、支店、モバイルなど
  • 顧客、従業員および第三者

IndusInd Bankは、CustomerXPの「Clari5」ソリューションを15のリアルタイムシステムと7つのバッチシステムに統合し、社内で不正行為およびマネーロンダリング防止システムを変革しました。さらにインメモリデータを再利用し、同時にリアルタイムでクロスセルとアップセルを実施する取り組みを始めました。

「IndusInd Bankが全社規模の不正行為およびマネーロンダリング防止プラットフォームを導入したことは、それだけでも素晴らしいことです。しかし、我々が特に注目したのは、その同じプラットフォームがメモリ上に読み込んだデータを使って、同時にリアルタイムでクロスセルとアップセルを実施できるようにした同行のイノベーションです。同行が実現した不正行為防止とクロスセルという『陰と陽』から、他の銀行も学ぶことがあるはずです」と銀行プラクティスのシニア・アナリスト、ジルビナス・バレイシスは述べています。


セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください