保険に共同開発を生かす:R3ブロックチェーンコンソーシアム

Industry Trends
Global

要約


テクノロジーのカギはスピードです。そして、共同開発においては、「参加なければ得るものもなし」を覚えておくべきでしょう。保険会社は、共同開発で銀行・証券業界が得た学びを活用するチャンスがあります。しかしこれらの恩恵を受けるためには、自ら議論に参加しなければなりません。

KEY RESEARCH QUESTIONS 
1コンソーシアム型開発のメリットとは?

2

R3などのコンソーシアムが機能する仕組みは?
3

 保険業界は銀行・証券業界のR3イニシアチブから何を学べるか?

 金融サービスに新しいテクノロジーを導入するチャンスと同時に、その採用や自動化をめぐって新たな課題が生じています。これらに対応するために、新しい開発手法が登場し、アジャイルなテクニックの利用が増加しつつあります。各社は実験能力の強化や学習・イノベーションの加速を目指して、イノベーション研究所に投資しています。また(ソリューションを自社でゼロから構築するかわりに)しばしばFintechやInsurtechの新興企業と提携してソリューションを共同開発し、その結果として生まれる知的財産を共有しています。従来型システムインテグレーターとのプロトタイプ作成プロジェクトも増えています。

セレントは、新規テクノロジーの導入機会を生かすために、共同開発を提唱します。また、分散型台帳テクノロジー(DLT、ブロックチェーン)や、このテクノロジーに特有の協調アプローチとの親和性についても検証します。この点について実践的な理解を深めるために、DLTコンソーシアムであるR3の2つのプロジェクトを詳細に説明します。それらの結果を分析するとともに、保険会社がどうすれば他の金融サービス業界が学んだことを生かすことができるか明らかにします。

コンソーシアム型モデルの共同開発では、意見の多様性によってリスクが減少し、設計が強固になります。DLTの場合、コンソーシアムがネットワーク効果、コストの相互化、コンセンサス、プラットフォーム選択を促進しています。

R3は手数料ベースの会員制組織で、構造的開発アプローチを用いてDLTの研究を促進します。アイデンティティ管理や照会データ管理の分野で銀行・証券会社向けに開発されたソリューションは、保険業界に直接応用がきくものです。

「共同開発モデルを採用しない保険会社は、そうしたモデルと同等のインサイトや効率性を獲得する方法を自力で創出することが必要になります。そうしなければ競合企業に後れを取ってしまうでしょう」

「コンソーシアムによる導入実験の全体的な結果は、まだ現れ始めた段階です。新規テクノロジーを用いた新たな業界ビジネスモデルを導入することは簡単ではありません。そして完了したプロジェクトについても、この先、世界的な学びをうまく一般化していけるかどうかはまだ分かりません。しかし取り組みは道半ばであり、保険業界も参加すべきでしょう」とセレントの保険プラクティスのシニア・アナリストであるマイク・フィッツジェラルドは述べています。

セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

目次

Executive Summary

1

 

Key Research Questions

1

Introduction

2

 

Cooperative Development Models Emerging

2

 

Why Cooperative Development for DLT?

2

 

The Consortia Response

4

R3

5

 

What Is R3 and How Is It Organized?

5

 

How Are Projects Delivered?

6

Identity Management — Project LEIA

9

 

Business Challenge

9

 

KYC Proof of Concept — Project LEIA

10

 

Application to Insurance

12

Multicompany Participation — Project Camelot

13

 

Business Challenge

13

 

Managing Reference Data — Project Camelot

13

 

Application to Insurance

15

Going Forward

17

Leveraging Celent’s Expertise

18

 

Support for Financial Institutions

18

 

Support for Vendors

18

Related Celent Research

19

 

Insurance

19

 

Banking

19

 

Securities

19

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください