ビッグデータから人工知能まで: 資本市場での活用開始【抄訳版】

Industry Trends
Global

要約

(英文レポート"From Big Data to Artificial Intelligence in Capital Markets: Code or Be Coded? "の重要部分を抽出し翻訳しました。)
※ダウンロード: レポート本文(PDF)=抄訳レポート  添付ファイル(PDF)=英文レポート全文 Executive Extract(PDF) =英文レポート要約版

資本市場では、今後2~5年の間に極めて強力な人工知能(AI)ソリューションが実用化されるとみられます。これに備えたプログラミングやコード化を始める時期に来ているといえるでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS 
1資本市場でなぜ人工知能(AI)を利用するのか?

2

資本市場ではどのようなAIテクノロジーが普及するだろうか?
3

ベンダーはどのようなAIソリューションおよびシステムを提供しているか?

 
資本市場にとって人工知能(AI)は、現在進行しつつある市場インフラの変化への対応と入手可能なあらゆるデータの活用を実現するための手段の1つです。AIソリューションは、取引ライフサイクルのあらゆる過程で変化を促す起爆剤として利用されつつあります。
 
本レポートは資本市場におけるAIの用途を説明し、現在利用されている、あるいは今後開発される可能性のあるAIをタイプ別に明らかにしています。また、これらのソリューションを投入しているベンダーを紹介します。

「AIソリューションを活用すれば、取引サイクルのプロセスの多くでコスト低減が可能になるだけでなく、リサーチ、セールス、トレーディングといった収益部門の問題解決にもつながります。将来的には、ビッグデータ分析、相関分析、データ/テキスト/画像/音声を対象とする因果関係に基づくテクノロジーを組み合わせた非常に大掛かりなソリューションが活躍するようになるでしょう」と、セレント証券プラクティスのシニアアナリストでレポートを執筆したジョセフィン・ドゥ・シャズルネは述べています。

セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

目次

Executive Summary

1

 

Key Research Questions

2

Introduction

3

Artificial Intelligence in Capital Markets

4

Different Types of Artificial Intelligence

9

Capital Markets AI Vendor Overview

12

Conclusion

16

Leveraging Celent’s Expertise

17

 

Support for Financial Institutions

17

 

Support for Vendors

17

Related Celent Research

18

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください