米クレジットユニオン再編の最新動向

by スティーヴン・グリーア, November 11, 2014
Industry Trends
北米

要約


米国のクレジットユニオン業界では、ここ15年間で市場の寡占化が大幅に進みました。預かり資産残高が5億米ドル超のクレジットユニオンが預金シェアを拡大し、その数を増やす一方、同残高が5,000万~1億米ドルのクレジットユニオンは危機的な経営状況に陥っており、5,000万ドル未満のクレジットユニオンにいたっては急速に市場から撤退しています。

業界全体としては、米国のクレジットユニオンの数は、2000年末の10,316から2014年現在は6,491へと激減し、年平均成長率(CAGR)はマイナス3.25%に下落しています。預かり資産残高が5億ドル超のクレジットユニオンについては著しい成長が見られる一方、同残高が5,000万ドル未満のクレジットユニオンは市場から撤退しつつあります。とはいえ、中小クレジットユニオンならではの新たな役割が生まれる可能性もありそうです。

本レポートでは、米国クレジットユニオン業界の再編に影響を及ぼすトレンドについて検証しています。具体的には、クレジットユニオンを預かり資産規模で6つに分類して各セグメントのトレンドを明らかにし、預金残高の伸び、効率性比率を分析しています。そして最後に、業界に対するセレントの見解と、銀行の将来に向けた提言をまとめています。

大手金融機関と同じサービスで競争しても、中小規模のクレジットユニオンに勝ち目はありません。クレジットユニオンが生き残るためには、ローカルなニーズを満たす、ならではのニッチなサービスを提供していく必要があるでしょう。  



「業界の再編にともない、存続できる金融機関の最小規模も変わっていくはずです。最新の金融サービスに対する顧客のニーズもそれに応えるための条件も、もはや無視することが出来ないほどに大きくなっています」と、本レポートの執筆者であるセレント・バンキンググループのアナリスト、スティーブン・グリーアは述べています。



セレントは、金融機関のビジネスおよびテクノロジー戦略策定に役立てていただけるよう、リサーチおよびアドバイザリーサービスを提供しています。金融業界の最新テクノロジートレンドおよびベストプラクティスに関するレポートを発行し、また、既存のビジネスプロセスの強化や新たなビジネス戦略の実践を検討する金融機関にコンサルティングサービスを提供しています。セレントのアナリストチームは、世界中の拠点から、グローバルな視点で戦略アドバイスや業界最新動向を提供する独自の体制を備えています。セレントは、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニー(MMC)傘下のオリバー・ワイマングループに属しています。

Media Contacts

North America
Francine Minadeo
francine.minadeo@oliverwyman.com
Tel: +1 212 345 6417

Europe (London)
Chris Williams
cwilliams@celent.com
Tel: +44 782 448 3336

Asia (Tokyo)
Yumi Nagaoka
ynagaoka@celent.com
Tel.: +81 3 3500 3023

目次

Executive Summary

1

Institution Count and Shares at US Credit Unions

3

 

Efficiency Ratios

11

Thoughts for the Future

14

Leveraging Celent’s Expertise

15

 

Support for Financial Institutions

15

 

Support for Vendors

15

Related Celent Research

16

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください